最新オンエアセレクション

Youtubeページに最新の同録をまとめたものを限定公開でアップしました!

内容は

バラエティアバン、CM、音楽番組、情報番組、スポーツ、実況

ちょっと聴いてみたい!という方は

お手数ですが、お問い合わせフォームよりリクエストください。

動画URLをお送りさせて頂きます。

BSフジ「霜降り明星のゴールデン☆80’s」

今年の春に第一弾が放送された霜降り明星の初冠音楽番組

「霜降り明星のゴールデン80’s」

第二弾の放送が決定。

ナレーションさせて頂きました。

今回はゲストに斉藤由貴さん、森口博子さん、大友康平さんを迎え2時間たっぷりとお送りします。

2時間特番なのに、ゲストが3組!

なんて贅沢な番組!!!!!

じっくり、たっぷりトーク量マシマシで

今だからこそ話せるアレコレやスペシャルなライブ、

80年代音楽の魅力満載の内容となっております。

詳しい見所はコチラ(HPのスクショ)

そして霜降りのお二人もめちゃめちゃ楽しそうに喋ってまーす。

10/31 22:00〜 BSフジにて放送。

是非ご覧くださーい。

音楽番組のナレーション、やっぱ楽しい!!!!!!!

【霜降り明星のゴールデン☆80’s】

https://www.bsfuji.tv/shimofuri80s/pub/index.html

【ナレーションキャスティング 猪鹿蝶】

http://inoshikacho.axto.jp/

フジテレビ「小泉孝太郎&ムロツヨシ特番直前SP」

小泉孝太郎とムロツヨシの二人旅第3弾の明日放送を前に
これまでの過去2回分の旅をギュッと凝縮してお届け!


放送は9/21 25:55〜 フジテレビ系列にて

番組冒頭の部分などをちょっこす読ませて頂いております。

北海道知床に京都、東京湾での釣りやキャンプ飯まで。
眠れぬ夜のお供にどうぞ。

【番組HP】https://www.fujitv.co.jp/b_hp/koizumimuro_pr/index.html

【ナレーションキャスティング 猪鹿蝶】http://inoshikacho.axto.jp

Abema TV「シモネタGP 2021」

3年ぶりに帰ってきましたアノ至極お上品なお番組!!

「シモネタGP 2021」


総勢27組の芸人たちによるジャンルレスなシモネタバトル。

前回覇者のどぶろっくは、決勝で披露したネタを引っ提げ、

キングオブコント優勝まで行きましたが今回はどうなるのか!?

9/10(金)23:00〜ABEMA TVにて4週にわたってお送り致しマンモス。https://gxyt4.app.goo.gl/eWzx3 

前回に続きまたお声がけ頂き嬉しい限りです。
スタッフの皆様、狩野さんありがとうございます。

【ナレーションキャスティング 猪鹿蝶】http://inoshikacho.axto.jp

ガチャガチャ de 車いすバスケ

今日のNEWS23パラリンピックコーナーでご紹介したガチャガチャ。

オンエア終わりにディレクターからホイッと頂きましたー。

近くで見ると本当に精巧。

製作しているガチャガチャメーカー(株式会社SO-TA)が

「車イスバスケットボールの魅力をただただ知ってほしい」

その思いだけで作っているだけあってめちゃめちゃカッコいいです。

フレームやホイールスポークの数も実物と同じというこだわり。

タイヤもちゃんとキャンバー角ついてるし。

1/12での完全再現、これはすごいわ。

皆さんも見つけたらぜひー!

#車いすバスケットボール #競技用車いす #ガチャガチャ #松永製作所 #株式会社SO-TA #NEWS23 #SPORTS #スポーツ #TBS #パラリンピック #TOKYO2020 #ナレーション #ナレーター #narration #voiceover #gashapon #wheelchairbasketball #paralympic

東京オリンピック

帰りにちょっと寄り道してパシャっと。

さて、3週間に渡ってスポーツコーナー拡大でオリンピック情報をお届けしてきたNEWS23も今週まで。

リレー男子のように、

本当にどの競技も最後の最後まで結果が分からないものばかりですね。

いやー、面白い!

スポーツフロアではその都度拍手が起こったり、

ため息が漏れたり、

戦況に一喜一憂しつつも必死に編集を急ぐスタッフさんたち。

また番組直前に競技が終わることもあるので、

時にオンエア1分前に原稿が届いたり、映像は初見だったり。

ナレーションもシビれる展開盛り沢山(笑)

「東京オリンピックに関われたらいいな」

様々な意見がある大会かもしれませんが、

2014年に上京した際のそんな気持ちを思い出しながらお仕事させて頂きました。

そして、現場のスタッフの皆さまは、

最大限選手たちの活躍を伝えようと映像、テロップ、原稿、項目の順番など細部に至るまでこだわっておられました。

打ち上げ出来ないのが残念ですが、ありがとうございました。

さあ、最終日までテレビで競技楽しもっと。

【ナレーションキャスティング 猪鹿蝶】http://inoshikacho.axto.jp/index.html

番組での再会

新年度もレギュラーでナレーションさせて頂きますNHK「ニュース シブ5時」

特集は「渋谷のアノ交差点で深夜開催されたファッションショー」

以前、別の現場でお仕事をご一緒した方々に

またナレーションで関わることができる。

これはナレーターとしての醍醐味であり、非常に嬉しいこと。

#kansaiyamamoto

現場では、誰よりもアグレッシブで

エネルギーに溢れていた寛斎さんに圧倒されたことを

鮮明に覚えています。

今回番組では

その寛斎さんの意志を受け継ぎ、

現在代表としてブランドを引っ張る高谷健太さんの奮闘を

追っています。

#シブ5時

#ナレーション

ちなみに、オンエア後一週間はこちらで見逃し配信されています。

▽ ▽ ▽ ▽

https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2021033031335

新プロジェクト始動

本日より始動。

Web案件がメインのキャスティングプロジェクト

「Voice Diamond」

参加させて頂いております。

ナレーターの価格が明朗会計になっているのも特徴です。

ちなみにこれまで通り

テレビ番組に関するお仕事は、猪鹿蝶でお世話になります。

簡単に言うと

WEB➡️Voice Diamondhttp://voicediamond.jp

TV番組➡️猪鹿蝶http://inoshikacho.axto.jp

お問い合わせお待ちしておりますー👍

最新ボイスサンプル

2021年最新サンプルをご紹介!

低音をお求めの方は是非どうぞ。

00:00 大自然の中の低音
00:31 ゴールデン帯バラエティアバン
00:51 ただただ誠実に

お聴き頂きありがとうございます。

宜しければオマケもどうぞ。

00:00 音楽番組
00:22 ゴールデン帯バラエティアバン

お問い合わせは コチラ

もしくは

info@kodamayusuke.comまで。

動画に入れる「声」でお困りのことがございましたら

何でもご相談くださいませ。

お待ちしております。

海外ナレーション案件

さて、今年のコロナ禍では、ほとんどの人が大変な思いをしたし、現在もしている。

私も緊急事態宣言下では仕事が飛んで、

飛んで

飛んで、、、

毎日のように家にいた。

お菓子も作ったし、エア縄跳びもした。

でもこんな状況だけど、何とか仕事ができる方法は無いものか、と思った時、

最近海外企業と直接やり取りしているナレーターたちのことを思い出した。

そうか。時間もあることだし、

ちょっと自分でもどうやるのか調べてみようじゃないか。

検索サイトで「voiceover Japanese」など、

色々打ち込んでみるとヒットしたのが、

世界中のナレーターとクライアントを結び付ける幾つかのマッチングサイト。

そんなものがあるのか。とりあえず登録。

しかし、

プロフィールを完璧に埋めるのがめんどくさかった。

どんなことを書けばいいやら。

外国人のプロフィールを覗いてみると、

みんな自信満々に長い自己PRをつらつらと書いている。

あぁ、めんどくさい。

そう、時間は山ほどあった5月にもかかわらず、私は登録だけして放置した。

ただただ、めんどくさかったのだ。

そうこうしている内に緊急事態が明け、仕事が再開した。

プロフィールを埋めなきゃと思いつつも、サイトのことは徐々に忘れていった。

そして、それから半年ほど経った11月、ようやく重い腰が上がった。

何となくやる気になったのである。

その勢いのまま一気にプロフィールを完成させた。

すると、2週間も経たぬ間に一通のメッセージが来た。

現在進めているプロジェクトがあり、候補としてサンプルが欲しいという海外の大手ゲームメーカーからだった。

指定原稿でのサンプルを送ったり、こちらから見積りを出したりとやり取りすること数回。

結果、私に決まった。

収録方法は、海外案件ではポピュラーだというライブ収録。

現地と日本をスカイプで繋いで直接ディレクションをもらいながら録っていくのだ。

今回はイギリス、そして、セルビアの制作チームとも繋いでの収録となり、

スタートは日本時間の深夜0時。

ねむい、、、が、そんな表情は勿論見せず、昼のテンション。

日本語が分からない先方だが、感情の動きは伝わるようだ。

もっとこんな風に読んでくれ、ここは優しく、など

日本で受けるディレクションと変わらないし、変化を付けるとちゃんと伝わることに驚いた。

ただアクセントや滑舌などの細かい部分に関してはこちらがいつも以上に注意を払う必要はある。

最高だという言葉と共に結局、30分ほどでセッションは終了。

こちらの編集のソフトでその時収録したデータを、請求書と共にメールに添付して送信すれば完了。

今回嬉しかったのは、最も得意とする「ちょっとカッコつけたロートーン」のサンプルが相手に刺さったことだ。

(サンプルのページ オシャレ編がそれです。はい。)

当時スタジオバーズで録って下さった山上智さん、本当にありがとうございます。

イギリスに届きましたよ。

日本人ナレーターをググって探してたところ、私のホームページが引っ掛かりサンプルを聴いたんだそう。

でも連絡方法が分からず、わざわざマッチングサイトから探し出してくれたんだとか。

これは嬉しかったし、とてもありがたい話として置いといて、

まだまだ足りないナレーションの研究を明日からも続けていこうと思う。

そして、ご依頼も勿論お待ちしております。